ブログ運営

グーグルアドセンス(Google Adsense)様からのads.txtの問題解決手順

どうもFランボッチ底辺大学生です。

ここ最近グーグルアドセンス(GoogleAdsense)の自動広告の調子が不調みたく、アンカー広告を除きたいのに取り除けない、しかも自動広告の広告表示された種類もアンカー広告とモバイル全画面広告のみ!!

記事内広告や関連コンテンツなどは手動で設定するしかありませんでした。

わたくし
わたくし
自動広告しっかりしてくれよぉ~

こんなことを言うのもアドセンス収益が全く伸びないからなんですよねぇ。

伸びないんですよ・・・・

㎴数はほんの少しづつではありますが伸びているのですが、アドセンスの広告が全くクリックされないため色々と原因を考えて工夫しなければなぁと思っています。

さて、話がそれました

今回はグーグルアドセンス(GoogleAdsense)様からのads.txtの問題解決の手順を紹介したいと思います。



なぜこのような問題が生じてしまったのかなどの専門的な内容は含みませんので申し訳ございません。

ads.txtが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

因みにここが大事なことですが、【お名前.com】のレンタルサーバーで説明していきます。

テキストエディタを準備する

テキストエディタとは文字通りテキスト(文字を含む)を編集するためのソフトです。

windows向けの「Tera pad」や「サクラエディタ」

mac向けの「mi」

などがあればいいですが、「メモ帳」でも大丈夫です。

まずはテキストエディタを開きましょう。

グーグルアドセンスが規定した雛形をコピーする

グーグルアドセンスの「この問題を解決する」と書かれたリンクをクリックすると飛んだページに

google.com, pub-000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

をコピーしてください。」と書かれてあるはずですのでこれをコピーし一旦テキストエディタに張り付けます。



次に「pub-16桁の数字(サイト運営ID)」の部分を書き換える準備をします。

グーグルアドセンスの「サイト運営ID」を確認しコピー&ペーストする

サイト運営IDとは「pub-16桁の数字」のpubに続く16桁の数字のことです。

グーグルアドセンスのアカウントを所持している人ならこのIDは必ず持っています。

確認法の手順は以下↓

グーグルアドセンスにログイン>左側のメニューからアカウントを開く

>さらにアカウント情報を開く>16桁の数字をコピーする

この数字(運営ID)を「pub-」の後ろの数字と書き換える。

 

テキストに必要があれば編集する

上記までの作業を終えたらテキストを「ads」という名前で保存します。

その際文字コードを「UTF-8」に設定しておく必要があります。

大半のテキストエディタでは”書式”のフォントから変更が可能ですが、

メモ帳を使っている場合はテキストを「名前を付けて保存」する段階で指定します。

ここまで出来たら準備完了。お名前.comのレンタルサーバーにログインしファイルマネージャーに飛ぶ

ファイルマネージャーを開く→public_htmlを開く→自分のサイトドメイン名を開く→ファイルのアップロードでads.txtを置く

早くて数時間すれば問題は解決している

わたくしはネット関係のことは詳しくなく、色々自分で調べて試行錯誤しながら今回の問題を解決しようとしました。

この手順でやれば1時間も経たないうちにアドセンスアカウントの注意書きが見事になくなっていました。

やったぜ!!

人気ブログランキング
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です