ブログ運営

wordpressでブログを更新して20日が経過したんだが・・・

どうもFランボッチ大学生です。

タイトル通りブログ投稿を初めて20日が経過しました。

書いた記事数は本来なら21になるのですが、Google Adsenseの審査を踏まえたうえで5記事ほど削除しました。

今回はGoogle Adsenseの審査を合格するまでの途中経過ということで書いていこうと思います。

16記事(平均文字数1000文字)でアドセンス審査に申し込み

”アドセンス審査に合格した”という人の記事を観てみると、

3記事だけで合格もらったぁ!!!

なんて羨ましいこと書いていますよね。

平均文字数が1000文字以上で10記事以上を書いたのなら一度アドセンス審査に申し込もう」という意見が多くあったので、自分なりに見出しを作ったりぺーし内リンクを設けたり工夫をして21記事書いたので審査に申し込みしました。

ただ、記事の内容は自由に書いていました。在学のFラン大学を罵倒するような言葉を交えながら・・・

一週間後に合否の通知が来た・結果は不合格

早い人であればモノの数時間で通知が来るそうですが、大体3日~7日が平均だそうです。

グーグルから通知が届いたときは楽観的に待ちわびていたのでワクワクしていましたが、

見事に落とされました。 不合格です。

不合格になった原因(自己分析)

Googleさんから通知では「ポリシー違反を修正してください・・・」との警鐘があり、

その詳細を説明してくれるリンクも貼られていました。

そのリンク先の内容と、他のブロガーさんたちの見解をもとに自己分析したところ、

著作権で保護されている可能性のある画像を使っている

アフィリエイト商品のリンクが貼られている

アダルトコンテンツに触れた内容がある

誰か・何かを罵倒するような言葉を使っている

アフィリエイト商品のリンクを貼っていてもアドセンス審査に合格したという人はTwitter・ブログなどで何人か見かけましたが、無難にGoogleの規約通りに商品リンクを貼ることは避けようと思いす。

アダルトコンテンツに含まれる記事を書いたのかは定かではないのですが、

「ルートインホテルのルートインシアター視聴の仕方」

「動画配信サービスU-NEXTはコンテンツが充実している」

こんなタイトルで直接的な表現を避け記事を書きましたが、これもダメなのかもしれません。

また、自分の在学している大学を罵倒する表現は確かにがっつり使っていたのでこれも修正しました。

そして念のため”いらすとや”から取得した画像も取り替えました。

子供から大人までが見られる健全な内容、安易に商品購入を促進させるような構成にしないこと。

あともう一つ大事なことがあります。

「子供から大人まで見られる健全な内容・安易に商品購買を促進させるような構成にはしない」と書きましたが、

それらの決まりを守っても記事の内容が薄っぺらいとアドバンス審査には合格しにくいのではないかと思います。

後に10回ほど再審査を申し込むがすべて落とされる

アフィリエイト商品リンク・いらすとやの画像

アダルトコンテンツに触れる内容の記事・不適切な言葉遣い

を修正・改善して再審査を繰り返していたところ、次は以下のような警鐘が届きました。

「閲覧者にとって価値のない記事が~」

ひとまずポリシー関連に関することは改善できたようですが、今度は記事の内容が薄いなんて通知が届きました。

わたくし
わたくし
ちょっとショックです。

これから

自分のブログサイト・記事がどのような基準、審査法で見られているのかをもっと調べる必要があるみたいです。

閲覧者にとって見やすい構成で、読みやすく・少しでも読む価値のある記事の書き方も勉強していこうと思います。

ひとまずはGoogle Adsenseの審査に合格するまでは根気強く記事の更新を続けていこうと思います。

人気ブログランキング
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です