プログラミング

【評判】有料版Progate(プロゲート)を1ヶ月利用した感想

どうも多浪Fランぼっち底辺大学生です。

今回はわたくしが有料版progate(プロゲート)を一ヶ月の期間利用した感想を書いていこうと思います。

この記事を開いてくれた方は有料版progateを使用するか悩んでいる方だと思います。

わたくし
わたくし
金払って利用するのにも抵抗あるなぁ

 

なので今回は有料版progateでは”どのような内容をどの範囲まで学習することが出来るのか”をなるべく詳しくレビューしていこうと思います。

 

因みに”python“,”HTML・CSS“の2つの言語を例に出しながら説明していこうと思います。

ついでに有料版の登録方法も書いていこうと思います。

それでは行きましょう。

プロゲートは初心者向けのサービス

Progate(プロゲート)はプログラミング初心者向けのサービス

まず第一にprogateはプログラミング初心者向けのレベルであるということです。

必要最低限の基礎的な知識をスライド誘導問題を通して身につけることが出来ます。

progateが提供してくれる内容を完璧に身につけることで効率的に基礎を網羅できます。

 

また、説明も分かりやすく答えと照らし合わせながら問題も解いていけるし、間違えた部分を指摘してくれるので挫折することなく学んでいけると思います。

わたくし
わたくし
参考書で学習するより目的がはっきりしているし、楽しく進めていくことが出来るよ。

それくらいサービスはすばらしい!!!!

プロゲートで学べる言語

progateでは全部で15コのプログラミング言語を学べる環境を提供しています。

そして3種類の用途として分類することが出来ます。

その中にPythonやHTMLCSSも含まれています。

学べる言語の概要
  1. Node.js
  2. HTML&CSS
  3. JavaScript
  4. jQuery
  5. Ruby
  6. Ruby on rails
  7. PHP
  8. Java
  9. Python
  10. Command Line
  11. Git
  12. SQL
  13. Sass
  14. Go
  15. Rect

やはり、WEB系に特化した印象ですね。




無料版と有料版の違い

Progate(プロゲート)有料版と無料版Progateの無料版と有料版の違いは学べる分野の範囲が異なるということです。

無料版の利用を進めていると上↑の画像の様な表示がされます。

無料版の先の基礎を学びたければ有料版に申し込むほかないんですよねぇ。

 

有料版の内容をコンプリートすることで初めて基礎を習得できるので、やはり中途半端なところで有料会員を進めてきますwwww

わたくし
わたくし
これからが大事ってところで有料版の壁があるんだよなぁ
Mur
Mur
そうだよ(真迫)

 

ただ有料版に登録することで、”道場”と言う理解力や実践力を確認できるコースも新たに出現します。

これでHTMLCSSの基礎をメキメキ伸ばすことも可能なんですね。

個人的にはProgate(プロゲート)はHTML CSS”がとにかく強い!!って感想です。

HTML CSS はネットデータ分析だったりWEBデザインに必要な知識にもなるので、取り合えずプログラミングを始めたいならおすすめですね。

有料版への会員登録方法

Progate(プロゲート)有料会員登録

プロゲート有料会員登録は月額980円(税別)となっています。

有料会員登録の手順としては

  1. プロゲートにログイン/または新規登録
  2. 有料会員登録ページに移動
  3. 支払い方法の選択
  4. 引き落としが確認出来たら完了

あっという間に完了です。

支払い方法

Progate(プロゲート)支払い方法

支払い方法としては

  1. クレジットカード
  2. PayPalによる後払い

 

PayPalはクレジットカードを持っていない学生さんたちに優しいサービスです。

PayPalのメリット
  1. 銀行ATMでの振り込みが可能
  2. 銀行口座・カードと連携して支払いが可能

わたくし
わたくし
PayPalはメアドの登録をするだけで利用が可能だゾ!

(銀行口座やカード情報などの登録も)

 

また、クレジットカードを持っていない人が居るなら比較的に簡単に作れる”楽天カード”に申し込んでみてはどうでしょうか?

大学生におすすめ楽天カード
すぐにクレジットカードが欲しい大学生は「楽天カード」がおすすめ今回は「直ぐにクレジットカードが欲しい!!」と思っている大学生に楽天カードの紹介をします。 楽天カードを発行するこ...

プロゲートのココが素晴らしい

Progate(プロゲート)のメリット

Progate(プロゲート)なんといっても効率的に楽しくプログラミングに触れられる点が非常に良いです。

先ほどからしつこいですね(汗)

  • 説明が簡潔で分かりやすい
  • 誘導問題を解くことで理解が深まる
  • サクサク進められて知識を得られる
  • 道場コースで習熟度を爆上げ
  • 開発環境の設定を支援してくれる

説明が簡潔で分かりやすい

簡潔直感的にも分かりやすいスライドにより頭を悩ませることなく基礎知識を取り入れられますし、実践形式の問題を解くことでより理解を深めることが出来ます。

Progate(プロゲート)のPython

例えば上↑の画像 ”pythonのクラス”について取り上げますが、

クラスの使い方や定義について長ったらしい文章で説明するのではなく図を使って直感的に分かるようにしてくれています。

わたくし
わたくし
参考書では説明が長くよく分からないことが多いんだよなぁ

この点はプログラミング初心者にとっては本当にいいことだと思います。

おすすめです(>_<)

誘導問題を解くことで理解が深まる・サクサク進められて知識を得られる

それによって誘導問題を解くことで着実に知識を定着させることが出来ます。

Progate(プロゲート)のPython

画面左側に仕様書があり画面右側の見本と照らし合わせながら作業します

また画面中央を見てもらえばわかりますが、何をすればいいのかを誘導してくれています。

これによって無理なく基本的なコーディングが学べる事が出来るんですねぇ。

非常にエッッ!!って感じです。

道場コースで習熟度を爆上げ

また道場コースで習熟度を爆上げできます。

Progate(プロゲート)道場コース

道場コースでは仕様書を確認しながら今まで習った内容を自分なりに組み立てながら問題を解いていきます。

わたくし
わたくし
これが難しぃ!

自分の頭で考える(アウトプット)することで復習にもなりますし、抜け落ちている知識の確認もできます。

そして何より自分の力で成し遂げた自信もつきます。

開発環境の設定を支援してくれる

プロゲート環境の設定

プログラムを書いてゲームやシステムを作る以前に、多くの初心者はまず【開発環境設定】で苦戦してしまう事が多いんですよねぇ。

 

「どのサイトからどのバージョンをダウンロードして、どんなパッケージを追加しておかないといけないのか?」

など、初心者には分からないことだらけです。



分からないよなぁ

しかし、プロゲート(無料会員を含む)なら環境設定の手順が言語ごとに用意されているので心配する必要はないのです。

プロゲートのココがダメ

Progate(プロゲート)デメリット

プロゲートがどういうモノなのかを知らずに利用することは効率が良いとは言えません。

プロゲートを始める際は、以下わたくしが述べる注意点を参考にする・他者の評価を参考にして、それらを意識しながらプログラミングの学習に励んでください。

  • 説明が簡潔ゆえに専門的な部分を学べない
  • 学べる範囲が限られている(狭い)
  • 実践的な考え方が不足している
  • 自分自身で作品の仕様を考えられないかも・・・
  • 様々なコースに手を出しガチ

説明が簡潔故に専門的な部分が学べない・学べる範囲が限られている

そもそもプロゲートは基礎的な分野までしか学ぶことが出来ず、応用的な分野は今現在学ぶことが出来ません。

また説明が必要最低限の簡潔ゆえに専門的な知識を得ることが出来ません。

わたくし
わたくし
必要ないなら無いで良いんですけどもね。

実践的な考え方が不足している

Progate(プロゲート)では、とにかく基本的なコーディングを身につけさせることに集中していると感じました。

誘導に沿った学習や限られた学習範囲ゆえに、実践的な考え方は自分自身で学んでいくこととなります。

 

実践的なコーディングや考え方を身につけていきたいなら、Progate(プロゲート)から卒業しなければなりません。

書籍や新たなオンライン学習サイトで学んでいくしかないでしょう。

特にPythonに関しては以下のサイトがおすすめです。

Pythonオンライン学習サイトPyQ

PyQ:Python学習者向けのオンライン学習サイトです。

自分自身で仕様を考えられないかも・・・

それから与えられた問題を誘導的に説いていくことに慣れてしまうことで、自分で作品を作る際にどの様にプログラムを書いていけばいいのか分からずに苦戦するかもしれません。

様々なコースに手を出しガチ

それと最後に

「お金を払って利用しているんだから全部の言語をコンプリートするぞ!!」

「楽しいから全部の言語やるぞ!!」

とか張り切って、様々なコースに手を出してしまう事に注意してもらいたいです。

一つの言語について深く理解出来たら、他の言語も自然に出来るようになります。

まとめ

プロゲートはプログラミング初心者にとって良いサービスと言うことはまちがいありません。

個人的にはプロゲートから入って、後から専門的な参考書などで学習していくこともいいなぁと思います。

プログラミングについてより効率的に詳しく学んでいきたいのなら、参考書と併用したりネットで必要な情報を取り入れながら学習していくことが良いと思います。

人気ブログランキング
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です