プログラミング

【レビュー】文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

著者:谷尻かおりさんの「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」のレビューを書いていこうと思います。

 

人工知能の分野において人気が上昇しているPythonではありますが、シンプルでスタイリッシュな言語になっている為、プログラミング初心者におすすめです。

 

さて、それではレビューをしていきたいと思います。

実際に自分の目で見てみない事には詳しいことは分からないでしょうから、なるべく詳しく書いていこうと思います。

概要:高校数学の基本事項の確認

コンピューターの演算である2進数や16進数の計算から始まり、数学の王道である微分・積分を扱っています。

※ただし数列は含まれておらず行列の単元が紹介されていました。

 

特に、方程式を解いたりグラフにプロットする練習が多かった印象です。

そして、正直後半の微積の部分は基礎が身についていたらパッと簡単にプログラムを書ける仕様になっていました。

数学に関して本質的な部分を知っておかないと、効率的なプログラムは書けませんからね。

 

本書は数学が苦手な方でも理解しやすいアプローチをしていました。

その点が非常に良かったと思います。

逆に、数学が出来る奴からしたら当たり前のことを書いているだけとしか思いませんけどね。

 

Pythonに備わっている「matplotlibパッケージ」で方程式のグラフを描画したり、「math」・「numpy」・「sympy」などのモジュールを使って数式処理をしていきます。

  • math:数値演算モジュール
  • numpy:数値演算モジュール
  • sympy:連立方程式を解くモジュール

「math」と「numpy」の違いって何?と思う方は当然いると思いますが、自分は分かりませんww

数値処理を高速化するために場面ごとに使い分けるそうです。

この件に関しても本書は説明していませんね。

 

また「sympy」を使って連立法的式の解をサクッと求める練習もありました。

pythonって数値処理に長けたプログラミング言語なんだと実感させられた1冊です。

レベル:数学の難易度は易しめ

先ほども書きましたが、まず数学的難易度は易しいです。

高校数学をまともに受けていない人でも食いついていけるレベルです。

 

また、数値処理をする命令のコーディングもシンプル故に覚えることは難しくないと思います。

2・3周復習すれば本書の内容の8割型をマスターできる易しい一冊になっております。

 

一応「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」の内容を理解できれば、【図形の接触判定】程度のコーディング(数学的な思考の)は出来るようになると思います。

特徴:どんな人が買うべきなのか?

本書は簡潔であり必要最低限の知識を凝縮しています。

それ故に説明が足りなかったり抜け落ちている部分が多々あります。

よって本書は以下の項目に該当する方が最適であると考えます。

最適な人
  • Pythonの基礎が身についている
  • Pythonの数値処理の仕方を学びたい人
  • 本書で学んだら応用していく意気込みがある人

Pythonを応用的に使いこなしていくために様々な分野について学んでいく必要があるし、数学的思考も抜かりなく身につけていかなければなりませんね。

そんな人には以下のプログラミングオンライン学習サイトがおすすめです。

PyQ、プログラミングオンライン学習サイト

コース一覧を見る

 

別にPythonを初めて触る人は買うな!とは言いませんよw

ただ基礎がある程度身について居ないと理解が遅いだろうし、下手に挫折してしまっては元も子もないですからね。

そのため、Pythonの基礎を身につける1冊やオンライン学習サイトでの学びが必要となります。

実用的にPythonを使いこなしたいのなら基礎をビッチリばっちり学びましょう(笑)

 

因みに基礎を学びたい人向けのおすすめの一冊はコチラです。

>わたくしが最初に取ったPythonの参考書です。

挫折することなく楽しみながら基礎を身につけられたので、この記事を見ている”あなた”もきっと上手くいくと思います!(^^)!

感想:プログラムミングのレベルが1段階上がった

個人的な感想としては「Pythonをより使いこなせるようになった!!」満足感が大きいです。

Amazonのレビューでも多くの方が高評価とコメントを残しているので、信憑性はあると思います。

 

ソースコード(見本)だけを見て手を動かさないことはせず、最初は写経でいいので暗記と理解を深めていくといいと思います。

自分の中で「高校数学とプログラミングが意味を成して結びつく」きっかけになったと成長を実感しています。

まとめ:pythonを使いこなせる為の一冊

どうでしたか?

今回紹介した「文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学」は数学を学ぶことはもちろん、プログラミングの世界で数学がどのように活用されるのかを知ることが出来る参考書です。

Pythonでプログラミングを頑張っていきたい人にはお勧めの1冊です。

以上で終わりますm(__)m

人気ブログランキング
関連記事